yuki tsuchiya blog
category  log  bookmark  other profile
#2009.12.28 Monday
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / -
#2008.02.12 Tuesday
 卒業制作日誌 後記

卒業制作が終わって、気付いたら、ふわふわと漂うような毎日をおくっていた。

おそろしいことに、出来上がってみて、人がやってきてから
分かることがたくさんあり、分からないことの方がもっと多いのだ。
部屋が映像の色で染まり、雪が降る、時間が経つ。
やりたかったのは簡単なことなのに、突き抜けられなかったのはなぜだろう。
展示はたった4日で終わってしまったけど、
「自分のイメージで部屋を変化させたらどうなるか」という答えは
ずっと覚えておいて、これからの制作で忘れないようにしよう。

作品の講評をいろいろな人にしてもらう。
同時に、難しい話ぬきに、「きれいだったよ」と言う人もいた。
それってどっちを大切にすればいいのだろう?

友達は卒業していく。
次の行き先が決まっている人も、モラトリアムな人も、
4年のこの時期になってようやくゆっくり話せている気がする。
自分はあと2年残るけれど、次は絶対にもっと楽しんで、自分の力で作りたい。

最近は1年生の気持ちに戻って写真を撮ったり、ことばのドローイングをしています。
そして仕事について考えています。

ということで、展示の写真はまた後日。
comments(0) / trackbacks(0)
#2008.01.26 Saturday
 卒業制作日誌 21



武蔵野美術大学映像学科 2007 卒業/修了制作展


はじまりました。


日誌と名打っておきながら、リアルタイムアップデートする余裕なし。
しかし、とにかく形になりました。大学に泊まること数回。

1月に入ってから、ふと気付いたことがある。
新しい映像とか、空間をどう使うかについて、もちろん考えるけども。
一番見て楽しんでほしいのは身近な人だということ。
そう考えると少し楽になった。

制作中(特に設営)はたくさんの人に本当にお世話になってしまって、
全員に世界一周をプレゼントしたいくらいなのですが、
もっと一人で作れるようになりたい、と反省。
それは不可能なことなのかもしれないけど。

手伝ってくれた後輩に「この作品にしかない青ですね」と言われて、
とても嬉しくなった。
ぜひぜひみにきてください。
comments(1) / trackbacks(0)
#2008.01.05 Saturday
 卒業制作日誌 20



『胸いっぱいの愛を』


あけましておめでとうございます。

冬休みは宅編。
年賀状代わりにDMを書く。
迷いもあるけど、自分でやれる分まではやる。あとは人に聞く。

そうこうしているうちに23歳になってしまうのだった。

年越しから読んだ『五分後の世界』が衝撃的に面白かった。
村上龍の瞬間を膨大な情報量で凝縮させる手法はとても好きだ。
 
comments(0) / trackbacks(0)
#2007.12.24 Monday
 卒業制作日誌 19
もはや休日もイベントも関係ない予定表で生活しております。

今回作る時に気にしてるのは、「0か10か」ということ。
80はない。できてるかできてないか。

作っていると、自分は知らないことだらけだと思う。
編集の仕方も、壁の作り方も、人とのつきあい方も。
ただ自分の知っていることが、作品を通して強く言いたいことなのだと思う。
ふっと、降ってくる雪のうつくしさを、私は知っている。

単純に今日、疲れた気持ちで自宅に帰ってきたら
クリスマスケーキが用意してあって、ちょっと泣いた。
comments(0) / trackbacks(0)
#2007.12.15 Saturday
 卒業制作日誌 18


撮影・バージョンアップ中。
驚くほど高画質になった。

展示まであと40日。
進むしかない。

周囲の映像インスタレーション組の大がかりぶりに驚く。
多けりゃいいってもんじゃないけど。
ちょうどいいスケールで、やすらかな作品になればと思う。

ちなみに、大学の工房から更新。

comments(0) / trackbacks(0)
#2007.12.05 Wednesday
 卒業制作日誌 17

担当教授の言葉。
『時間がないということは考えたことがない』

聞いた最初は意味が分からなかったが、きっと
ある時間の中で一番出来ることをやる、という事なのだと思う。

というわけで、今までの撮影は練習ということにして
質を上げて撮り直すことになった。
comments(0) / trackbacks(0)
#2007.12.01 Saturday
 卒業制作日誌 16


楽しい撮影。

『念じれば写る』らしいです。
調子良くて早口になる日もあれば、
「4年生でこれか…」とガックリする日もある。
未熟者なので楽しく人の手を借りようと思う。

あと残り約1.5ヶ月。まだまだある、と思うようになってきた。
12月にまた大きく変わるような気がする。

ちなみに、今PCの壁紙は去年のY先輩の撮影風景です。
comments(0) / trackbacks(0)
#2007.11.18 Sunday
 卒業制作日誌 15


・今週でいろいろと進んだ気がする。
 「ピュア」に行き着きたい。ピュアな空間そして映像。
 やさしい作品になりそうです。

・大学で作業をしていて、終電前に帰るために外に出ると
 冬のにおいがしている。
 温度とか風とか、言葉にはしにくいけどみんなが分かる変化。

・バンドだったらベースが一番似合うと言われて、嬉しかった。

comments(0) / trackbacks(0)
#2007.11.06 Tuesday
 卒業制作日誌 14


・撮影中です。
 「思ってたよりきれいなものが撮れた」って大事なことだ。
 だいたい一作品にテープ10本以上使う。
 まだまだ1本目である。
comments(0) / trackbacks(0)
#2007.10.28 Sunday
 卒業制作日誌 13


・ここ二か月、図面&模型の作業をしてきましたが、
 これだけだと終わりがないことに気付く。
 映像に手をつけることにする。
 ボス(担当教授)から警告が。

 「場所から映像を設計する」という姿勢で作ろうとしてましたが、
 やっぱり主役不在ではだめなのだ。

 作ってた模型を全部忘れる勢いで撮影しよう。

 今やりたいことは、
 ・オレンジの空間にブルーが点在する
 ・ブルーの中に光の雨が降る
 ・「瞬間」を大事にする

・今日は学部最後の学祭に行ってきます。
comments(0) / trackbacks(0)